Oneside Flat Web

◆ワンサイドフラットウェブ◆

~  ふなっしーのルフラン  ~

■2024-06-25
MOTHERのおんがく。
 MOTHER2が30周年を迎えることを記念して、鈴木慶一×田中宏和×糸井重里による有料配信ライブ「MOTHERのおんがく。」が開催ッ!
 そのニュースを聞いた俺は、ただちに購入を見送っていたアルバム「MOTHER MUSIC REVISITED」を入手した!
MUSIC REVISITED
 購入を見送っていた理由は、これが初代MOTHERのアレンジアルバムだということで、初代MOTHERのサントラはそもそもがアレンジアルバムであったため、これはリアレンジということになるので優先度が低かったからだ。
 それを即購入した理由は、配信ライブで鈴木慶一氏がMOTHERの曲を演る、という情報を得たからだ。直近で出ているアルバムがこれなのだから、おそらく曲目は初代のものが中心となるだろう。備えなければ涙腺が死ぬ。

 そうして準備万端でライブに臨んだ俺を迎えたのは田中宏和氏によるDJプレイであった。
 ニンテンドーのあらゆる名曲を生み出したレジェンドが自らPSI MIXをくりだす様は圧巻であり、突如差し込まれるロックンロールすら俺の涙腺を破壊し尽くす威力があった。

 続いての第二幕では、10年以上前の座談会で出たようなお話を軸にトークが繰り広げられた。
 うわあッみんな若いッ! 10年の年月の重みを感じる。
 座談会との大きな違いとして、「MOTHER3」の酒井省吾氏も参加して当時のことを語ってくれた。えぇ……いちばんの若手みたいな顔してるけどこの人もレジェンドだよぉ……。

 第三幕は予想通り、MOTHERのアレンジアルバムの曲が主になった。それ以外の曲ではGiygasをひとつの曲目として成立させようってのは驚いた。あれ大部分がノイズじゃん!! 前衛芸術の砦か!?
 もうちょいMOTHER2の曲も演奏して欲しかった(特にトンズラブラザーズバンドのグッドフレンズ・バッドフレンズ)という気持ちもあるが、鈴木慶一&田中宏和が揃ってスリークを演奏しているのがもう神、いわゆるゴッドなので拝むしかなかった。

 そしてアンコールがやっぱり「スマイルズ・アンド・ティアーズ」であった。外さないよな。これはイントロを聴くだけで涙腺のデトックスができ健康に良い。今はまだガンには効かないが、いずれ効くようになる。

 糸井さんが「またやりましょう」と言って締めてくれたけど、ほんとそれ。
 MOTHERはもう続編を出さないと明言されているけど、最新機種でいつでも触れられるようにしてくれてあるし、グッズ展開やイベント展開でIPとしての形を保ってくれているのは幸せなことだと思う。MOTHER3にももっと光が当たるとよいですね。

 ……みんなチケット買ったあとお名前を聞かれて「OKすか?」のボタンを押したんだと思うけど、名乗りが自由すぎるだろ……。
 
■2024-06-13
23周年
 弊サイトは23周年を迎えた。
 23……23というと……もう数字で何かこじつけるのも難しくなってくるが……アッ、東京の特別区が23区だ。

 ちょうど娘氏が「47都道府県の名称と位置」を学ぶ学年なので書いておこう。
 小学4年生の社会科においては、白地図に全国の都道府県名を入れる力が求められる。そして中学校になるとこれに都道府県庁所在地が加わる。
 したがって、そういった力をはかるための小テストのようなものが行われるわけだが……

 俺がずっと気持ち悪いなと思っているのが、そういったテストで「東京都の都道府県庁所在地」に何と書くべきかということだ。
 答えとしては、帝国書院の地図帳には「東京」と書いてあり釈然としない。

 東京都の公式見解では、

 結論から申しますと、
1.都道府県庁の位置は、条例でこれを定めるよう、地方自治法で定められている。
2.東京都では「東京都庁の位置を定める条例」により、東京都新宿区西新宿二丁目と定めている。
 ということになります。

東京都 政策企画局
 となっており、上記のページでは国土地理院が「東京の23区は市町村ではないので名称を記載していないが、便宜上東京23区の総称として『東京』という表示をしたのではないか。」といっている。
 あわせて「昭和18年まで東京市が存在していた名残」という可能性も示されている。要は過去の話だ。

 東京23区が、我が静岡市の葵区・駿河区・清水区とはっきり異なるのは、選挙で選ばれた議会と区長を持っている点だ。なので俺は、東京23区をそれぞれ市町村のような存在と捉えて、東京都の都道府県庁所在地は「新宿区」で良いと思う。
 だって都道府県庁所在地を比較したときに、東京23区が全部合わさって襲ってくるのはあまりにも大人げなくない? そりゃ確かに独立した消防や警察を持っていないという違いはあるけど、予算を独自に持ってるんなら1区で勝負してくれよ。
 
■2024-06-08
6月のアップデート
 まもなく23周年を迎えようという弊サイトであるが、ここらでちょっと仕組みに手を入れようと思う。ときどきアップデートをしていってやらないと、温かみのある手打ちHTMLでサイトを公開している意味がないからな。

 本当は23周年の日に合わせて変えようかと思っていたが、もはや周年にそこまで意味がないのと、先月末にロマサガRSくんが5.5周年記念イベントのアプデをしようと思ったらApple Storeの担当者が寝ていた[嘘]ためメンテ明けが丸2日遅れた事件を受けて、早くできるもんなら余裕のあるうちにやっちまおうという気持ちになったからだ。

 主なアップデート内容は以下の通り。

■ダークモードの実装

 ダークモード対応は正直やるつもりがなかった。まず、もともと白背景でないためそこまで画面が明るくない。次に、新しいコンテンツを立ち上げたときの見た目の確認の手間が倍になる。そしてなにより、俺の文章を黒背景にすると完全にあのころのテキストサイトの匂いになってしまう。
 さらに言うと、弊サイトの想定する主な読者層は……未来の俺である。俺はスマホンをダークモードで使っている。未来の俺もダークモードを使うだろう。こうなるとダークモードはオマケではなくメインになってしまう。納得の行く配色ができなければダークモードは追加できない。

 だが、この機会に、webサイトに使っている色を整理しておくのも悪くないと思うようになった。新しいコンテンツを立ち上げるときも、使う色が決まっていたほうが余計なことを考えずに済む。なのでやった。
darkmode光と闇
 普段スマホンやPCのブラウザをダークモードにしている人は、突然変わり果てたカラーリングを見て「突然西暦2000年のテキストサイトに迷い込んじまったーッ!!」と思っているだろう。すまない。でもあのころより彩度を抑えているから、夜中にフートンの中で見てる人には目にやさしくなったかも。

■関連エントリの作成

 検索での流入がメインでありながら、ときどき単体のエントリでは成立しないネタがあるのを心苦しく思っていた。現代人は忙しいので、わざわざ前後のエントリを月ごとに見ていくことはない。
 これは文中からリンクを張ることである程度は緩和できるが、一覧したほうがよいものもある。例えばMOTHER1+2の記録とか。
 このリンク先にある「関連エントリ」と称する4桁の16進数をクリックすると、それらを一覧する。今後増えるかどうかわからないが、タグのさらに細かいものとして運用できるようにしておく。

■リンクページコーナーの削除……を思いとどまる

 ずいぶん前からもう、インターネットには「サイト単位でリンクをしよう」という文化がない。ブログアンテナですら今や検索すると「アンテナ業者のブログ」や「アンテナ愛好者のブログ」などが普通に1ページ目に出てくる始末。別に交流をしたいわけではないし、リンクは役割を終えたのではないか。

 だが消せなかった。役割を終えたというならテキストサイトなどとっくに役割を終えているではないか。役割を終えたかどうか決めるのはインターネットではない、俺だ! どんなサイトを読んでいるか、影響を受けたか、お付き合いがあるか、表明しておくのがテキストサイトの文化だろうが!
 なので、大昔に更新が途絶えたもののみ整理して、リンクはギリギリ残した。

■トップページにランダムエントリ枠を追加

 最初はリンクページコーナーを削除し、その空いたスペースを埋めるものとして製作した。リンクの削除はやめたが、せっかく作ったので、ランダムエントリも載せておくことにした。
 これは高性能AIが読者諸兄の好みを判別し……いや嘘だ。ランダムって言ってるだろ最初から。これは更新などのたびにランダムで差し替わる。トリガーは手動である。

■外部リンクのアイコン追加

 これはちょっと前に先行実装したのでお気づきの方もいらっしゃるかもしれない。今まで弊サイト内のリンクなのか、外部サイトへのリンクなのか、行ってみないとわからなかった。これではユーザーにフレンドリーではない。なので、本文内のリンクについて、自動的にアイコンが出るようにした。
 こういうこともcssで自動でできてしまうし、アイコンもsvgで勝手に大きさを1字ぶんに調整して出てきてくれる。良い時代になった。


 これらの作業をするにあたって、ChatGPTがとても役に立ったことを特筆しておきたい。先日述べた、特定の関数を書いてもらうだけでなく、弊サイトで使用しているカラーコードのリストを渡して、その色をブラウザで見るためだけのhtmlを書いてもらったりもした。非常に助かる。
 まだ対応しきれてない部分があるかもしれない。ぼちぼち直していくので暖かく見守ってほしい。
 
■2024-05-31
月記MAY
 5月も瞬く間に過ぎてしまった。
 ところで「世界三大面白い字面の世界遺産」といえば、「アルベロベッロのトゥルッリ(イタリア)」「アツィナナナの雨林(マダガスカル)」「タプタプアテアのマラエ(仏領ポリネシア)」で異論はないよな?

PIPI
ピュイ?(なんて?)
 では5月にやったこと、読んだもの、遊んだもの、観たものの記録だよ。

■伊豆シャボテン公園

 ワイフが突然ひらめいたので、久しぶりに行ってみた。俺より年上のハシビロコウが亡くなってからずいぶん経つ。まあビル先輩はゆるキャンのアニメで存命なので永遠の存在になったといえよう。長寿にあやかってビル神社が建立されていたのでお賽銭を投げ、「ピピチャンとウメチャンがすこやかでありますように」と祈った。
シャボテン公園
すれちがうおしどり夫婦
 しかし日帰り圏内に掛川花鳥園・富士花鳥園・伊豆シャボテン公園と「鳥とふれあうための選択肢」が3つもあるのはかなりのアドバンテージを感じる。シャボテン公園のインコやオウムたちは完全に放し飼いになっているのでとても謎が多い。長距離を飛べないようにクリッピングしてあるのかな。

■生成AI

 ChatGPTやCopilotがプログラミングのアシスタントとしてスゴイ便利であることを実感している。
 たとえば「PHPで、整数nを渡すとランダムで重複のない4桁の16進数をn個生成する関数を作って」って言えばすぐ generateUniqueHexNumbers($count) を出力してくれる。
 別にその程度の関数なら自力ですぐ書けるだろ、と思わなくもないが、俺のような素人の論理日曜大工は「もっと処理の早い書き方があるのでは」と常に考えてしまうし、何より関数名と変数名を勝手に決めてくれることがありがたすぎる。自力でやっていたらまずジェネレイトの綴りをググることから始めてるからな。

■商う狼

 江戸の経済を掌握した商人の興亡を描く時代小説『商う狼―江戸商人 杉本茂十郎―』を読んだ。
 巨漢で、着物を着ていて、ですます調でしゃべり、でかい策謀を押し進めていく姿が、かなり早い段階でキングオージャーのカグラギ様に重なり、全てのセリフが佳久創の声で再生される体験をした。絶対「民のためならこの手も汚しましょう!」って言ってる。
 そのため巻末の参考文献の欄で史実ベースであることを知り仰天した。菱垣廻船と樽廻船のことや、水野忠邦が株仲間を解散し、そしてそれに失敗したことは教科書に載っているが、その背景にこのような人物がいたとは……。

■The JOJOLands

 何ィィ――ッいつのまにか3巻が出ているぞォッ!! こういうことがあるから物理書店に足を運ぶのは大事なんだよな。電子書籍なら通知が来る? それはそう。
 2巻の最後あたりからウサギ君がときどき「はだしのゲン」の隆太みたいな顔してんのがいい。
 あと「本名:ウサギ・アロハオエ スタンド名:THE MATTEKUDASAI」っていうのがもう、荒木先生本人からしか出てこないであろう名前すぎて好き。

■Splatoon3

 第16回フェス「明日世界が終わるとしたら?」に「やりたいこと全部やる」派で参加。全部やる派なので、いつかやりたいと思っていた「フレンド4人で装備を合わせて長いチーム名で相手を威圧する」を企画し実行した。
#nintendoswitch #Splatoon3
圧が強い
 プロモデラーRG合わせ、塗りに全振りしているのでそこそこ勝ててしまう。爆速でフェスパワーが溜まっていくので笑いが止まらなかった。関係各位、ありがとう!
 思えば初代イカのファイナルフェスは第16回であった。2015年の5月に発売されて翌年7月にフェスが終わっているスピード感が今では想像しづらい。
 
 明日から2周年に向かうシーズンが始まる。アップデート期間は公称2年間なので、シーズンアップデートは実質最後であろう。だが1も2も公称アプデ期間の後にブキチセレクションやベッチューセレクションがあったのでアンコールに期待したい。

■アーマード・コア6

 困難なミッションに何度も足止めを食らったが無事クリアにこぎつけた。
 ハンドラー・ウォルターさぁ……あんな見事なキャッチコピー回収芸を見せられたらよぉ~~好きになっちまうじゃあねーかよぉ~~。だいたい人のこと番号で呼んで使役してくるおっさんが、「実は」とかじゃなくて一貫して普通にこんなに優しいことあるかよ。
 最終章で、ウォルターの指示に従うか、脳内に直接語りかけてくる系女子に従うかの二択を突きつけられたわけだが、俺は迷わずウォルターに従った。後悔はない。

 シームレスに2週目が始まるので、いままであんまり使ってこなかった武器種を使ってやろうかと思ったんだけど、俺は「ダブルマシンガンでスタッガーとって両肩のランチャーをぶちこむ」という脳筋戦法で戦ってきたせいで、フルオートの武器しか肌に合わなくなっちまってる。ボタン押しっぱで射撃してくれないと回避に集中できないんだよな。
 

■ゆるキャン△シーズン3

 大井川編が終わった。いままでさんざん先回りされていたが、ここは先に行っているので勝利した。
 千頭駅とか畑薙ダムとか、そういうローカル地名が全国区(場合によっては世界中)で再生されていると思うと感慨深い。ちなみに大井川流域には
地名
という地名があるがそれはまた別の話。
 大丈夫だろうか、静岡県民以外は楽しんで観ているだろうか? あとこのタイミングでまだ大井川鐵道が全線復旧していない(2022年の台風15号に破壊されたきり運休が続いている)というのも痛い。観光で潤ってくれるといいのだが。

■ダンジョン飯

 娘氏がたいへんハマっているので、『冒険者バイブル』に続いてラクガキ本『デイドリームアワー』も買った。娘氏は数々のラクガキをトレーシングペーパーでなぞり写すなどの遊びに興じている。これ毎日模写してたらかなり画力の訓練になるんじゃあないか?
 センシの「完成じゃーっ!(法螺貝を吹く音)」がなじみすぎてしまって、ゆるキャンの料理が完成したときに効果音が鳴らないのが物足りなく感じてしまう。みんな料理ができたら法螺貝を吹くべき。

■岸辺露伴は動かない:密漁海岸

 さんざん「ルーブルに行け」「アワビを密漁しろ」と言われ続けてきた露伴ちゃんだが、このたび無事にアワビを密漁した。アワビを密漁するにあたっては当然トニオさんの説明が必要で、そのために「イタリア料理を食べに行こう!」の内容を入れる必要があり、順番に虹村億泰になる露伴ちゃんと泉編集でおなかいっぱい笑った。
 ドラマ版のトニオさんは、体の悪いところがわかるのは「能力ギフト」だけど、料理でそれを治すのは「技術」なので格が高い。技術でスタンドめいたことするの、スティールボールランのジャイロみたいだよな。

 最後にイタリア行きを仄めかしたのが気になる。イタリアで露伴ちゃんといえば懺悔室かGUCCIだが、前者は露伴ちゃんは聞いてるだけで、後者は企業広報でありNHKには厳しい。まあこれほど脚本のパワーがあれば、露伴ちゃんに火のついたポップコーンを食わせるくらい造作もないことであろう。GUCCIのアイテムでキメた高橋ご夫妻も見てみたい。

■ニチアサ百景

 「追加戦士」といえば初夏の季語。とはいえプリキュアにおいては、去年も今年もこの枠の追加戦士は最初から開示されており、我々ニチアサおじさんの関心は「どうやって仲間になるか」に集約される。
 今回の追加戦士は、メンバー加入前から単独でプリキュア活動をしており、かつ、主人公サイドにとっては正体が不明という、懐かしい感じの展開を見せてくれた。ハピネスチャージ以来かこういうの。
 キュアニャミーさんは銀髪ロングヘアお嬢様系のデザインでありながら、ねこなのでちゃんと八重歯が描かれており新鮮である。ルリドラゴンくらい口を開けてほしい。

 仮面ライダーにおいては一人称が「カグヤ様」で全裸で謎の宝石風呂に入る男が出現し、3話にわたってひっかき回して帰って行った。仮面ライダーレジェンド、今のうちからディケイドのようなシリーズ横断キャラを育てておこうという試みなのだろうか。