Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2012-08-03 Syriana
 大腸内視鏡検査を受けてきた。
 結果は大方の予想通り健康。
 以下に検査の顛末を示す。



 健康診断と同じように、前夜から食事制限が行われる。
 それに加えて、前日は日中も消化に良い物しか食べてはいけないため、卵かけごはんや薬味なしのそうめん、きつねうどんなどで過ごさなければならない。

 当日は徹底的に体内をカラッポにする。
 就寝前に飲んだ下剤でうんこを出しきったうえで、病院で腸管洗浄液を飲みまくる。
 この洗浄液、2時間かけて2リットルも飲まなければならない。かなりの量だ。わりとすぐ出ていくとはいえ、あまり美味いもんでもないし苦行である。

 ひたすら胃袋に洗浄液を流し込み、体内に貯めて、すぐに出す。流し込み、貯めて、出す。
 うおォン、俺はまるで人間水力発電所だ。
 人間ってのは結局管なんだな。ちくわ同然。
 2リットルの終わりが見える頃には、ほぼ無色透明な液体が排出されるに至った。

 考えてみれば、いま俺の体内にはゲロもうんこも入っていないわけだ。
 実に30年ぶり、この腐敗した世界に産み落とされて以来の出来事である。
 つまり I am GOD'S CHILD であり悟りを開いたがすぐ閉じた。



 尻に穴のあいた検査着をまとい、いよいよ内視鏡がインするときがきた。
 ご存知の通り大腸は?形に折れ曲がっている。
 すごい不快感とともに肛門から内視鏡が挿入されたが、この曲がり角のところでグイグイひっかかるのがツライ。当たってる!腸の奥に当たってるのおおおッ!攻撃的な腹痛!今でも思い出すと脇腹が痛くなる。だが反射的に腹を押さえたり、息を止めてはいけない。こうしているあいだも直腸は侵入を続ける内視鏡に犯され続けているのだ。なんたる恥辱!なんたる汚辱!

 3回くらい(つまり曲がり角のたびに)医師から「麻酔で眠りますか?」と聞かれたが耐えた。
 寝ている間に肛門を犯されるなど絶対に勘弁だったし、ちゃんと痛みを申告しないとどんな強引な挿入をされるかわかったもんじゃない。そんなこと絶対無いと思うけど、恐怖心の問題から痛みに向き合うことにしたのだ。

 かくして内視鏡は、大腸のいちばん奥まで到達した。
 あとは撮影しながら戻るだけ。これで安心……と思いきやまだ陵辱は続く。撮影のためには腸内を膨らませなければならず、医師は手元の装置で空気を入れたり抜いたりしながら内視鏡を抜いていく。空気が入ったときの腹痛がまた一味ちがう。俺は便秘になったことはないが、大腸がパンパンになるという恐ろしさを痛感した。凄まじいエア便意!しかし直腸は内視鏡で埋まっている!苦しい!誰だ!アナルプラグとか考えた奴は誰だ!SMってレベルじゃねえ!これ拷問じゃねーか!変態!変態!変態!
 医師の手によって激しく内視鏡のコードが前後される。空気が入ればエア便意、抜かれれば不快な排泄感と戦わねばならない。も、もうちょっとゆっくりやるわけにはいかんのか……!俺はこの世の地獄を見た。

 そんな肛虐が終わりを迎えたのは、検査開始から25分後だった。25分!そんなに長い間陵辱されていたのか。
 最後、出口間近のところではもう括約筋のすべてを動員して内視鏡を全部排泄してやろうという本能との戦いだった。
 いろいろブチまけたような感覚があったが、検査台はちょっとローションがついているくらいで綺麗なものだった。どうせ俺の体はカラッポなのだ。
 次にこの検査を受けるハメになったときはおとなしく麻酔してもらおう。そう決意して俺は検査台を降りた。



 撮影した写真は検査後にまとめて見せてもらえる。異常なし。
 本当に大腸はモツだな。逆にモツが食べたくなるくらい健康的な大腸だった。

 ――と、こんなわけで、俺の初めての大腸内視鏡体験は健康な結果に終わったのでした。しーましェーン!
 アナルファックとか浣腸プレイとか考案した奴らは全員地獄に落ちろ。